手数料はごみの種類でこんなに違う

浜松市はごみ収集サービス向上のため連絡ごみと呼ばれる粗大ごみの回収には一定の手数料が必要です。
産業廃棄物は除きますがリサイクルできない不用品であれば安い手数料ですが、ごみの種類によって異なります。
どれぐらいの料金がかかるのでしょうか。

最高はひとつ1200円

手数料はあらかじめ「納付済証」というものと引き替えに支払う必要があります。
これは300円券と呼ばれるものの1種類で必要な金額に応じて購入枚数を変えます。
ごみの種類によって手数料も変わりますが、1個あたり最低は300円で最高は1200円です。
最低限の手数料が必要なごみは概して小さいものや、処分に手間がかからないものです。
例えばビデオデッキやミシンなどといったものです。
一方最高の1200円がかかるごみは大きいものや、重たいものなど処分に手間がかかるものです。
スプリングの入ったベッドマット、電子オルガン、2人がけ以上のソファーなどです。

長さは必ず測っておく

こうした手数料は自分で調べる必要はなく、連絡ごみ受付センターで料金を教えてもらうことができます。
しかし条件によって値段が変わってくるものが多々あります。
そこで「長さを測る」ことをおすすめします。
測るところは縦と横と高さです。
この3つを測っておいて、合計したものも書いておきましょう。
そうすると電話をしたときスムーズに受け付けてもらえます。

自宅まで来てくれる手数料

浜松市は自宅前を収集場所として指定することがほとんどです。
手数料は自宅までの運賃と考えれば安いものといえますね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫