浜松市はこんな粗大ごみが出せる

浜松市では家庭では簡単に処分できない大きなごみを回収しています。
不用品としてリサイクルに出す方法もありますが、気軽にごみとして捨てられることが魅力です。
どのようなごみならば捨てられるのでしょうか。

まずはごみを小さくする

浜松市では産業廃棄物といった特殊なごみでなければ、家庭から出されるごみはゴミ袋に詰めて捨てることができます。
まず粗大ごみとして捨てるのではなくて、一般のごみとして捨てられないか検討しましょう。

大きなごみは連絡ごみ

自宅では切断することができないものや、小さくても一般のごみとして捨てられないものがあります。
そうしたものは浜松市では「連絡ごみ」として取り扱います。
例として堅い素材を使っているものや特別な取り扱いが必要なものがあります。
ホットプレートやストーブ、土のうに詰めた土などがそれに当たります。
次に木製の家具であっても最大の辺や径が60センチ以上2メートル未満のものです。
テーブルやタンスといったものですが、長さを超えてしまったり100キロ以上の場合は業者に依頼しましょう。
市町村のホームページ(https://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/shori/gomi/dashikata/dashikata/renrakugomi_tesuuryou.html)でも詳しい情報が確認できます。

最後は布団やカーペット

綿布団や座布団、じゅうたんなどです。
なお羽毛布団に関してはきちんと縛って燃えるごみとして処分することができます。

賢く捨てるコツ

ごみには様々な種類があります。
まずは自分で小さくすることができないかを考え、できなければ処分することを考えてみましょう。
経済的に処分することができますね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫