浜松市で粗大ゴミを出す

静岡県西部にある「浜松市」は工業の街と知られ、面積は全国第二位を誇ります。
多くの住民が至るところに住み、水準の高い公共サービスが提供されています。

大きなごみが出したい

浜松市では市内全域でごみ収集を行っています。
指定されたゴミ袋を購入し、燃えるごみや燃えないごみなどにわけ決められた日に収集所へ出します。
毎日たくさんのごみが集められ、市内にある処分場で処理されています。
分別を行えばゴミ袋に入る限り詰め込めますが、ゴミ袋には入りきらない大きなごみが出ることもあります。
例えば引っ越しでいらなくなったタンス、子供が使わなくなってしまったおもちゃ、綿の飛び出してしまった布団などです。
これらを処分するにはいくつか方法があります。
一つ目は自分で燃やす方法です。
昔は畑でごみを燃やすことがありました。
しかし現在は浜松市の条例によって禁止されています。
においや煙の問題はもちろん、火事になる危険があるため絶対にやめましょう。

正しい方法で処分する

二つ目はリサイクルする方法です。
タンスやおもちゃは自分が「使わない」だけであって、必要としている人はたくさんいます。
必要とされるところに還元すればごみが減るだけでなく、社会貢献にもなります。
ただ買い取りのためには、手数料を支払う必要があったり場合によって買い取ってもらえなかったりします。
制約条件が多いため利用しにくい一面もあります。
三つ目は「埼玉不用品回収」「粗大ごみ回収」を利用する方法です。
浜松市では粗大ごみをごみ収集の一環として回収しています。
自分でごみを出すことができないという場合には、不要品回収のため粗大ごみ回収の業者を利用する方法もよいでしょう。
これらの方法は若干の手数料がかかりますが、回収してもらえます。
対象になるごみであれば何でも持って行ってもらえるのです。
業者を利用する場合は自分で煩わしいゴミ出しや、重いものを持ち上げる必要もなく指示を出しお金を支払うだけでごみがたちまち消えてしまいます。

意外と使えるごみ収集のサービス

今回は浜松市が行っている粗大ごみの回収はどのように利用することができるのかや、ゴミ出しの際の注意点をご紹介します。
どのようなごみを出すことができるのか、手数料の支払い方法はどのように行えばよいのか、ごみはどこに出せばよいのかといったごみ捨てに必要な情報をご紹介します。
家庭で出る粗大ごみを安く捨てるチャンスです。
浜松市に住んでいて大きなごみを出すのに困っているという方は参考にしてください。

更新情報